WHILL パーソナルモビリティ 次世代型 電動車いす|介護業界ニュース|介護業界における悩み「介護離職」。介護における必要なことを知らせる役立ちサイトはこうれいふくし課

HOME - 介護業界ニュース - WHILL パーソナルモビリティ 次世代型 電動車いす

WHILL パーソナルモビリティ 次世代型 電動車いす「Model C」


WHILL パーソナルモビリティ 次世代型 電動車いす

「暮らしを楽しくする新しい“クルマ”」

外に出る、友達に会う、季節の変化に気づく、夕飯のおかずを買いに行く、 そうした当たり前の日常を快適に過ごせる乗り物を。
WHILL Model C(ウィル モデルシー)はそのような発想から開発されました。
「二人分の夕飯のおかずを買うにはこれくらいのカゴがあると便利だな。」
「簡単に車に乗せて、もっと遠くに行けたら良いな。」
「自分にあった色が選べたら、外に出るのももっと楽しいだろうな。」
そうした誰にでもある日常の暮らしについて徹底的に考え、 最新のテクノロジーとアイデアをこの“クルマ”に詰め込みました。
私たちが提案したいのはWHILL Model Cという乗り物ではなく、 WHILL Model Cのある暮らしです。

Convenient
「日々の生活を便利にする小回り性能」

便利であること、それはいろんな場所に行けるということです。
そのために開発したのが、縦だけではなく横に回る特別な前輪、オムニホイール。
最新のテクノロジーが搭載されたWHILL Model Cは、 日々の買い物などあなたの暮らしを豊かなものにします。

WHILL パーソナルモビリティ 次世代型 電動車いす

Portable
「3ステップで簡単に分解して持ち運び」

家族と一緒に気軽に車でお出かけしたい。
それを実現するためにWHILL Model Cは3つに分解してどんな車にも乗せることができます。
家の周りだけでなく、もっと遠くに出かけてほしい。
週末の買い物、家族との旅行、WHILL Model Cはあなたの世界を広げます。

WHILL パーソナルモビリティ 次世代型 電動車いす

Easy & Safe
「使う人のことを第一に考えたデザイン」

目指したのは子供から大人まで、 誰でも安心して使うことができる操作性と乗り降りのしやすさ。
坂道でも安全な走行を実現する、安心ブレーキと片流れ防止機能を搭載しました。

WHILL パーソナルモビリティ 次世代型 電動車いす

More features
「一人一人に寄り添う機能をプラス」

WHILL Model Cは、より安全に便利に使っていただくための様々な機能を搭載しています。
Bluetooth®LEで、あなたのスマートフォンと接続*すれば、 細かい速度や加減速度の設定、離れた状態でのリモートコントロールが可能です。
取り外し可能な軽量バッテリーは充電場所を選びません。
また、安全な走行のために、急な上り坂などを感知する音声案内機能や簡単操作のワイヤレスキーも搭載。
(*)専用のアプリのインストールが必要です。

WHILL パーソナルモビリティ 次世代型 電動車いす
WHILL パーソナルモビリティ 次世代型 電動車いす
WHILL パーソナルモビリティ 次世代型 電動車いす

<< 前のページに戻る

WHILL パーソナルモビリティ 次世代型 電動車いす


WHILL パーソナルモビリティ 次世代型 電動車いす

「100m先のコンビニに行くのをあきらめる」

一人の車いすユーザーのこんな言葉から WHILLの開発は始まりました。
100mというわずかな距離を移動する際にも、社会的な不安や物理的なリスクを感じている人がいる。 スマートで機能的なモビリティがあれば、その人らしく、行動範囲を広げられるのでは。 私たちが作りたいのは電動車いすではありません。

車いすユーザーの人も、そうでない人も乗ることができる、 乗ってみたいと思える、まったくあたらしいカテゴリーの 「パーソナルモビリティ」です。

これまでにない、高い機能と美しいデザインの融合

WHILLは、誰もが乗りたくなるスタイリッシュなデザインに、洗練された使い心地と直感的な操作性を兼ね備えた、 まったくあたらしいパーソナルモビリティです。荷物ホルダーに荷物をかけてシートに乗り込んだら、 あとはスイッチを入れて行きたい方向にコントローラーを傾けるだけ。 ハンドルを上げたりシートを前方にスライドさせたりすることで、乗り降りやテーブルへのアクセスもスムースに行うことができます。 WHILLはあなたの一部として、あなたらしい移動をスマートに実現します。

高い走破性と小回りを 両立させる特別なタイヤ

屋内用、屋外用、レジャー用―用途に合わせて何台ものパーソナルモビリティを使い分ける必要はありません。 WHILLが1台あれば、どこへでも行くことができます。その理由は、WHILLのために最先端の技術を結集し、 独自に開発された特別な前輪タイヤ。24個の小さなタイヤで構成される前輪タイヤにより、 幅60cmのコンパクトな車体は後輪を中心にその場で回転することができます。 さらに、パワフルな四輪駆動なので7.5cmの段差も乗り越えることができ、悪路の走行も可能とします。 細い路地、砂利道、芝生、でこぼこ道―WHILLで、あなたの行きたいところに出かけませんか。

「WHILLで生活が変わった」それぞれのストーリー。

WHILLは、お選びいただいたお客様たちと様々なきっかけで出会い、思い思いのライフスタイルに合わせ使っていただいています。 WHILLがある、全く違うそれぞれのストーリー。ここでは、実際のお客様の声をご紹介いたします。

WHILLご利用者 鎌倉市 K様 のお声
「涙を流すことより笑う事が増えました。」

■なぜWHILLを選んだのか
*整骨院を奥様と経営されているK様。2年前にWHILLを補装具制度*で補助を一部受けて購入されました。 現在は手動車椅子とWHILLを併用して生活されています。 4年前に海の事故で、車椅子の生活をしていました。その時には電動車椅子はあまり考えていませんでしたが、 たまたまインターネットでWHILLを見かけて、日本橋の三越で試乗してみました。 頚椎損傷(C5不全)で上腕二頭筋しか動かない自分でも簡単に操作ができ、コンパクトで小回りもきいたのが印象的でした。 そしてなによりもそのデザインがとても気に入りました。その後、購入しようか検討していたのですが、 限定のブラックモデルが出ると知り、自分のスタイルにあうと購入を即決断しました

■WHILLの気に入ってるところ
車椅子っぽくないデザインのおかげのせいなのか、周りとの距離感が変わったように思います。 以前はすれ違う人が目をそらすような気がしていましたが、WHILLに乗っていると興味を持って話しかけてきたりしてくれます。 特に子供とかの食いつきはすごいですね。(笑)座り心地もいいので、映画館でもそのままゆっくり鑑賞できます。

■WHILLが来て大きく変わったこと
気軽に自分で外出できるようになり、普段の気持ちが変わりました。以前は介助を妻や誰かに頼むことが申し訳なくて、 億劫になり、外出自体を控えるようになっていました。WHILLを使い始めてからは、 休日に妻と映画や食事をしにショッピングモールにデートしに行ったり、仕事終わりに近くの湘南の海岸や家の裏手の遊歩道を散歩したり、 夜には友人たちと飲みにいったりと、外出の機会がとても増えました。ハシゴして何件も飲み行けるのもいいですね。(笑) 外出して誰かと会って話すことで、ストレスが発散されるようになり、精神的に安定してきたように思います。 車椅子生活が始まった時には、たびたび落ち込んで涙が止まらなくなる時がありましたが、最近は泣かなくなりました。(笑) 気持ちが前向きに持てるようになったと思います。

<< 前のページに戻る

介護業界ニュース

自民党、介護職員の夜勤手当ての拡充を政府に要請へ 「骨太方針」への反映も

自民党、介護職員の夜勤手当ての拡充を政府に要請へ 「骨太方針」への反映も

介護施設に避難計画の作成や訓練を義務付け 改正水防法が成立 6月にも施行へ

介護施設に避難計画の作成や訓練を義務付け 改正水防法が成立 6月にも施行へ

民生委員の26%が社会的孤立に対応 認知症・ひきこもり… 本人の課題は複雑

民生委員の26%が社会的孤立に対応 認知症・ひきこもり… 本人の課題は複雑

誰が対象!? 介護サービスの自己負担、月々の上限額の引き上げは8月から

誰が対象!? 介護サービスの自己負担、月々の上限額の引き上げは8月から

混合介護の弾力化、慎重論に押され大きく後退 玉虫色の表現に 規制改革答申

混合介護の弾力化、慎重論に押され大きく後退 玉虫色の表現に 規制改革答申

厚労省幹部人事、老健局長に濵谷審議官 蒲原氏は事務次官へ 11日付発令

厚労省幹部人事、老健局長に濵谷審議官 蒲原氏は事務次官へ 11日付発令

「皆の活躍を知ってもらうためにも」 ケアマネ協会、被災地の情報収集で協力要請

「皆の活躍を知ってもらうためにも」 ケアマネ協会、被災地の情報収集で協力要請

ケアプランAIのシーディーアイ、豊橋市と協定 10万件の介護データ活用へ

ケアプランAIのシーディーアイ、豊橋市と協定 10万件の介護データ活用へ」

受動喫煙対策法案、今国会提出を断念 厚労相が正式表明 「次期国会を目指す」

受動喫煙対策法案、今国会提出を断念 厚労相が正式表明」

「特定施設では分かりにくい。介護付きホームと呼んで」事業者団体が名称を変更

「特定施設では分かりにくい。介護付きホームと呼んで」事業者団体が名称を変更

紹介状なしの大病院受診、未だ約4割5000円の定額負担の導入後も大きく減らず

紹介状なしの大病院受診、未だ約4割5000円の定額負担の導入後も大きく減らず

介護保険料の滞納、資産の差し押さえ増加 2年連続で1万人超 給付の一部制限も

介護保険料の滞納、資産の差し押さえ増加2年連続で1万人超 給付の一部制限も

次の介護報酬改定で自立支援を評価 成長戦略に明記 AIケアプランや書類半減

次の介護報酬改定で自立支援を評価 成長戦略に明記 AIケアプランや書類半減も

保育士試験、介護福祉士なら筆記の3分の1免除 来年度にも導入へ 厚労省方針

保育士試験、介護福祉士なら筆記の3分の1免除 来年度にも導入へ 厚労省方針

介護の自己負担、来年8月から3割を導入 改正法が成立 「共生型サービス」創設も

介護の自己負担、来年8月から3割を導入 改正法が成立 「共生型サービス」創設も

「介護報酬は引き続き適正化を」 自立支援の推進へ要介護度も評価指標に 財政審

「介護報酬は引き続き適正化を」 自立支援の推進へ要介護度も評価指標に 財政審

介護業界ニュース

介護業界ニュース WHILL パーソナルモビリティ

ケアジョブ

介護職の求人
転職情報

話題
介護業界ニュース 食後低血圧症の症状と予防策

高齢者向け特集

宅配弁当サービス比較

特集
介護業界ニュース 食後低血圧症の症状と予防策

高齢者向け特集

はるみばあちゃんのいりこ核酸

特集
介護業界ニュース 食後低血圧症の症状と予防策

高齢者向け特集

やわらかダイニング介護食宅配食

特集
介護業界ニュース WHILL パーソナルモビリティ

WHILL

パーソナルモビリティ 次世代型 電動車いす

介護業界ニュース 食後低血圧症の症状と予防策

介護業界ニュース

食後低血圧症の症状と予防策

介護業界ニュース 要介護者の40%が低栄養傾向

日清オイリオグループ株式会社

要介護者の40%が低栄養傾向

介護業界ニュース 上肢障がい者向けの支援機器が保険適用

テクノツール株式会社

上肢障がい者向けの支援機器が保険適用

介護業界ニュース メタボ該当者の7割に移動障害のおそれ

アルケア株式会社

メタボ該当者の7割に移動障害のおそれ

介護業界ニュース 介護施設向けお化粧レクリエーション体験会が開催

スマイルプラス株式会社

介護施設向けお化粧レクリエーション体験会が開催

介護業界ニュース 在宅介護のやさしい手が低価格の家事代行サービスを発売

株式会社やさしい手

在宅介護のやさしい手が低価格の家事代行サービスを発売

介護業界ニュース 「大戸屋ごはん処」の献立から学ぶ、人気の施設食

大戸屋ごはん処

「大戸屋ごはん処」の献立から学ぶ、人気の施設食

介護業界ニュース 日々の買い物にスーパーのサービスを活用しましょう

スーパーのサービス

日々の買い物にスーパーのサービスを活用しましょう

介護業界ニュース 厚労省 介護福祉士の見込み受験認める 16年度から

厚労省

介護福祉士の見込み受験認める 16年度から

↑ PAGE TOP