癌の化学療法、相談員が正しい理解をサポートする

癌の化学療法、相談員が正しい理解をサポートする- 介護業界のニュースや介護の求人情報に必要なことを知らせる役立ち情報サイトは、こうれいふくし課 生活に必要な情報をリサーチし、おすすめ健康食品・サプリメント・評判の商品なども紹介し口コミ情報も募集。 介護資格・転職・派遣・介護施設案内も紹介してます。

癌の化学療法、相談員が正しい理解をサポートする

高齢者が化学療法を理解するために

病院検索サイトなどを運営している株式会社 QLife(東京都千代田区)は、 抗がん剤(分子標的薬含む)治療を行ったことがある肺がん患者100名と患者家族300名を対象に、 「その次」の治療法を知ることで治療意識はどのように変化するか調査しました。

するとお以下のようなことが分かりました。

◆多くの患者は最初に使用する抗がん剤が効かなくなった場合、「次の抗がん剤がある」ことを聞いて、治療の意欲が向上する
◆半数の患者が「次の抗がん剤がある」ことの説明を受けている
◆大半の患者が治療開始時に「次の抗がん剤がある」ことを知りたいと考えている
◆患者家族の多くが「次の抗がん剤がある」ことが分かると「安心する」
◆患者の治療意欲向上の源で、最も多かったのは「信頼できる医師との絆・出会い」

肺ガンは部位別がん死亡数の第1位です、また40歳から89歳までの死因第1位はガンです。 そのため高齢者のなかにも、癌治療をしている方が多くいます。 そして利用者や家族のなかには、娯楽系メディアや口コミの怪しい治療情報に影響を受けているケースも目立ちます。 そうしたときは施設の生活相談員が適切な医療情報が得られるように援助することで、 暮らしの満足度を向上させることができそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です