山岳遭難で使われるビーコンで徘徊を探索する

山岳遭難で使われるビーコンで徘徊を探索する- 介護業界のニュースや介護の求人情報に必要なことを知らせる役立ち情報サイトは、こうれいふくし課 生活に必要な情報をリサーチし、おすすめ健康食品・サプリメント・評判の商品なども紹介し口コミ情報も募集。 介護資格・転職・派遣・介護施設案内も紹介してます。

山岳遭難で使われるビーコンで徘徊を探索する

グローバルタスクフォース株式会社(東京都江東区)は 約850万人いる認知症患者およびその疑いのある方を対象とした外出探知・徘徊防止システムの事業化を目指して、 石川県金沢市において実証実験を実施した。

OFF Line株式会社(東京都品川区)の開発したスマートフォンアプリと「ビーコン」と 呼ばれる近距離無線用の端末を利用して在宅・外出の検知を行った。

その位置情報を家族やケアマネージャのスマートフォンアプリへリアルタイムに配信できる。
また、探索依頼機能により、ビーコンとすれ違った付近にいる同アプリのユーザと連絡を取ることができる。
同社によると、すでに複数の事業者が正式導入を予定している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です