東大病院と薬局チェーンが認知症検査データを在宅ケアで共有

東大病院と薬局チェーンが認知症検査データを在宅ケアで共有- 介護業界のニュースや介護の求人情報に必要なことを知らせる役立ち情報サイトは、こうれいふくし課 生活に必要な情報をリサーチし、おすすめ健康食品・サプリメント・評判の商品なども紹介し口コミ情報も募集。 介護資格・転職・派遣・介護施設案内も紹介してます。

東大病院と薬局チェーンが認知症検査データを在宅ケアで共有

医療的なアプローチで在宅認知症ケア 東大病院、ココカラファインは、 クラウド環境で運用する認知症・軽度認知障害の患者さんとその家族に向けた ICTコミュニケーションツール「わすれなびと」を開発した。 これはエーザイ、ココカラファイン監修、株式会社インターネットイニシアティブの協力で 電子@連絡帳をベースにして認知症患者向けのコミュニケーション環境です。

実証実験に参加登録した患者と家族にはタブレット型端末が貸与され、 「わすれなびと」がインターネットを通じて提供する以下の機能を希望に応じて利用できる。

  1. 大病院で実施された画像診断・認知機能検査・血液検査などの結果を、病院の外でも閲覧でき、過去のデータと比較することができる。
  2. 東大病院の主治医や薬剤師にメッセージを送ることにより、外来時間外でも対話できる。
  3. 自宅にココカラファイングループの薬剤師が訪問し、服薬を支援する。
  4. タブレット型端末を起動した際に一定の頻度で表示されるアンケートに答えることで、  日常の様子をより鮮明に記録でき、次回の外来診療の質の向上に役立てることができる。

このような機能により、患者と家族、主治医、薬剤師、医療・介護施設の職員が情報を共有。 患者の認知症・軽度認知障害の進展や体調をより正確に把握し、関係者間のコミュニケーションの広がりから、 治療や介護等の課題をより早期に解決することが期待されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です