シニアの地方移住コスト サ高住、夫婦で月27万円

シニアの地方移住コスト サ高住、夫婦で月27万円- 介護業界のニュースや介護の求人情報に必要なことを知らせる役立ち情報サイトは、こうれいふくし課 生活に必要な情報をリサーチし、おすすめ健康食品・サプリメント・評判の商品なども紹介し口コミ情報も募集。 介護資格・転職・派遣・介護施設案内も紹介してます。

シニアの地方移住コスト サ高住、夫婦で月27万円

高齢期の移住にかかる費用を探る

東京から東北新幹線で約1時間半。新白河駅で降りて車で15分。
森の中に別荘風の建物が現れる。高齢者の住まい「ゆいまーる那須」(栃木県那須町)だ。
70戸に都市部から引っ越してきた63~91歳の76人が暮らす。

現在、介護保険の「要介護」「要支援」の認定を受けているのは7人だけ。
全体的に元気な人が多い。
国の制度にのっとった「サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)」なので、
日中は安否確認などのサービスを提供する生活コーディネーターが常駐する。

ただ、ここは2010年の開設当初から入居者同士の支え合いや、
社会参加を重視しているのが特長だ。

実際に、共用の食堂で他の入居者に食事をつくったり、
食堂の一角に小さな店を開いたりする入居者がいる。

元美容師の高木まき子さん(80)も月に何度か入居者やスタッフの髪を切る。
カット代は食堂での食券として使える住宅内通貨で受け取る。

「自分にできる仕事があることはうれしい」と高木さん。

横浜市で長く母と一軒家に暮らしてきたが、
母が亡くなったのを機に老後を安心して暮らせる場所を探し始めた。

「本当は都会が好き」だが、自分の経済状況から「ここだったら大丈夫かな」と移住を決めた。
首都圏に比べ、ここは費用がやはり安いようだ。

この住宅を運営するコミュニティネット(東京・千代田)は当初、
女性の一人暮らしを念頭に「頭金1000万円、月々の年金12万円あれば暮らせる場所」を目指したという。

事業者がなんでもサービスしていては高くつくので、
入居者の自主性や助け合いを大切にしたという経緯もあった。

詳しく見よう。 ここでは家賃は基本、一括で前払いする。
一番狭い約33平方メートルの部屋で1175万円。
15年以内に退去すると期間に応じて返却があり、
15年を超えても追加負担はない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です