介護福祉士(介護士)のお給料・年収 介護業界求人

介護福祉士(介護士)のお給料・年収 介護業界求人- 介護業界のニュースや介護の求人情報に必要なことを知らせる役立ち情報サイトは、こうれいふくし課 生活に必要な情報をリサーチし、おすすめ健康食品・サプリメント・評判の商品なども紹介し口コミ情報も募集。 介護資格・転職・派遣・介護施設案内も紹介してます。
介護福祉士(介護士)のお給料・年収 介護業界求人

就職活動を始める時に多くの学生が、
職業選びで重視するポイントに「やりがい」があると思います。

介護にかかわる「介護福祉士」(介護士)は、
様々な業種の中でも特に「やりがい」が、
魅力とされる職業なのですが、
実際に介護福祉士介護士)として働くには、
資格を取らなければなりません。

学校に通ったり、資格試験を受けたりと
長い準備が必要な職業ですから、
本格的に目指す前に何歳で、
どれだけの「お給料年収」を手にできるかを
チェックしておくことをおすすめします。
人生計画を立てる参考になるでしょう。

介護福祉士介護士)の年代別平均給料 ~一番金額が高い年齢とは~ 介護業界求人

介護福祉士(介護士)の年代別平均給料 ~一番金額が高い年齢とは~ 介護業界求人- 介護業界のニュースや介護の求人情報に必要なことを知らせる役立ち情報サイトは、こうれいふくし課 生活に必要な情報をリサーチし、おすすめ健康食品・サプリメント・評判の商品なども紹介し口コミ情報も募集。 介護資格・転職・派遣・介護施設案内も紹介してます。

介護福祉士介護士)には、
定年が定められていないことが多く、
実際に80歳まで勤め続ける方もいらっしゃいます。

一般企業を退職してから、介護福祉士介護士)に、
応募するというケースも少なくないようです。

応募者の年齢は、
20歳以下から56歳以上までの幅があり、
21歳から50歳までは、平均的に10%以上の割合で分布しています。

応募者の割合を見れば20歳以下、
51歳以上も合わせて12%以上の数字が記録されており、
全年齢層の社会人が、介護職に流入してきていることは、
間違いありません。

年齢別で年間収入額の平均値を見ると、
経験や勤続年数、職務によって多少の増減があるとはいえ、
基本的には「200万円」から「400万円」の幅に、
収まっている様子がわかります。

平成25年度の実績では、
一番安いのが20歳未満の女性で210万円、
最も高いのが50代前半の男性平均407万円でした。

ここでは200万円近い差が出てしまいますが、
女性だけで見れば、
50代前半の女性平均値が304万円であることを考えれば、
一般的には、年齢の要素でも条件の偏りは小さいのでしょう。

一般的な企業では、定年を迎えた60代以降は収入が激減します。
しかし、介護福祉士介護士)の場合は60代以降で、
あってもこの給料額の推移は穏やかなままですので、
長く働くことを考えれば、介護福祉士介護士)は、
安定した職業と言えそうです。

介護福祉士介護士)の給料は性別で違いはあるのか 介護業界求人

介護福祉士(介護士)の給料は性別で違いはあるのか 介護業界求人- 介護業界のニュースや介護の求人情報に必要なことを知らせる役立ち情報サイトは、こうれいふくし課 生活に必要な情報をリサーチし、おすすめ健康食品・サプリメント・評判の商品なども紹介し口コミ情報も募集。 介護資格・転職・派遣・介護施設案内も紹介してます。

世間一般では、男女で大きな収入格差があります。
年代によっては男性に対して女性の平均年間収入が、
半分未満と言う数字があるほどなのですが、
介護福祉士介護士)の給料の場合は、
それほど大きな開きは見られません。

平成25年度のデータから実際に介護福祉士介護士)として活躍する人員の年間給料収入を男女別に計測してみると、

全年齢を合わせた男女別平均収入
男性333万円
女性が294万円
その差39万円です。

年代別に見て、最も男女差が大きかったのは、
50代前半の103万円で、男性407万円、女性304万円でした。

日本人全体での統計では50代の男女平均年間収入は女性が男性の半分を下回っていますから、 介護福祉士介護士)の世界は比較して非常に男女の給料の差異が少ない職業だと言えるでしょう。



戻る ▷

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です