食後低血圧症の症状と予防策

食後低血圧症の症状と予防策- 介護業界のニュースや介護の求人情報に必要なことを知らせる役立ち情報サイトは、こうれいふくし課 生活に必要な情報をリサーチし、おすすめ健康食品・サプリメント・評判の商品なども紹介し口コミ情報も募集。 介護資格・転職・派遣・介護施設案内も紹介してます。
食後低血圧症の症状と予防策

食後低血圧症の症状と予防策

高齢者の多くは、「食後低血圧」を経験する人が多いようです。
食後低血圧」の予防策としては、
●ゆっくり食べる
●食べ過ぎない
●カフェインをとる
●食後はゆっくり過ごす
などで、急激な血圧が上がるのを抑えましょう。
不安な方は医師の診察を受けることをお勧めします。

食後低血圧の症状

食後に急激に血圧が下がる症状を「食後低血圧」といいます。
主に食後に「めまい」「ふらつき」の症状で、
症状が強いと「強い立ちくらみ」を起こし時には「気を失う」こともあります。
調べでは、
食後低血圧」が「脳卒中」「心筋梗塞」などの引き金になる場合もあると指摘されてます。
食後30分〜1時間が「血圧低下」が起こりやすく、
時間経過とともに通常時の血圧に戻るため、
症状の「めまい」「ふらつき」に気がつかない人もいます。

食後低血圧の原因

食後低血圧は、自律神経機能が低下しやすい高齢者に多くみられ、 食事をすると血液が腸に集まり、体内代謝をコントロールする自律神経などがスムーズに働かなくなります。

すると、
食後の血圧を維持する機能がうまく作用しなくなり、
急激な血圧低下が起こりやすくなるのです。

また、食前に降圧薬を飲んでいる方や高血圧の方や糖尿病にともなう神経障害、
パーキンソン病などの病気のある方にも起こりやすいので注意が必要です。

食後低血圧の検査と治療

食後低血圧の症状がある方は、自宅で食前・食後1時間頃に血圧を測定してみましょう。
食後の収縮期血圧(最高血圧)が食前よりも20mmHg以上低下している場合には、
食後低血圧の可能性が高いといえるでしょう。

 食後低血圧と診断されると、加齢にともなう場合、
食事の内容や方法などの生活指導のほか、全体の血流を増やしたり、
反対に腸への血流を減少させたりする薬が使用されることもあります。

病気(糖尿病やパーキンソン病など)が原因と考えられる場合には、その治療も同時に行う必要があるでしょう。 食前の降圧薬が原因と推定される場合には、服用量を減らすなどの対応もとられます。 

食後低血圧の予防策

食後低血圧の予防策- 介護業界のニュースや介護の求人情報に必要なことを知らせる役立ち情報サイトは、こうれいふくし課 生活に必要な情報をリサーチし、おすすめ健康食品・サプリメント・評判の商品なども紹介し口コミ情報も募集。 介護資格・転職・派遣・介護施設案内も紹介してます。
食後低血圧の予防策

炭水化物を減らし、ゆっくりと時間をかけて食べるように心掛けましょう。
食後1時間程度は休息をとり、すぐに動こうとしない事が大切です。

また、カフェインには血管を収縮させて、食後低血圧を予防する効果がありますので、
コーヒーや緑茶などを食前・食後に飲むことをお勧めします。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です