【取材】支援の必要な高齢者のほぼ100%が参加する医療連携ネット

【取材】支援の必要な高齢者のほぼ100%が参加する医療連携ネット- 介護業界のニュースや介護の求人情報に必要なことを知らせる役立ち情報サイトは、こうれいふくし課 生活に必要な情報をリサーチし、おすすめ健康食品・サプリメント・評判の商品なども紹介し口コミ情報も募集。 介護資格・転職・派遣・介護施設案内も紹介してます。
【取材】支援の必要な高齢者のほぼ100%が参加する医療連携ネット

【取材】支援の必要な高齢者のほぼ100%が参加する医療連携ネット

共通診察券による地域医療・介護情報連携システム 臼杵市(大分県)は病院や診療所、歯科医院、調剤薬局、介護施設などで 患者の医療情報を共有する「うすき石仏ねっと」を稼働しています。

患者は共通診察券の「石仏カード」を医療機関や施設に提示すると、 そこで疾病、処方、臨床検査値などの閲覧が可能となります。

そうすることで病診介の医療連携がスムーズになります。 このカードは市内高齢者の60%が所持しています。

また病院診療所は2/3、介護事業所はほぼすべてが参加しています。

患者は複数の医療機関や介護サービスを利用しています。 しかも治療の一部は外来、服薬は在宅などと分かれているため、 たとえば院外処方箋を閲覧しても疾病や治療のすべてを把握できません。 そのため適切な服薬指導ができませんでした。

また介護事業者も臨床検査値を把握できないなど、日々のケアで課題となっていました。 そうしたことを解消するシステムとして注目されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です