医療者のお薬解説が6000投稿

医療者のお薬解説が6000投稿- 介護業界のニュースや介護の求人情報に必要なことを知らせる役立ち情報サイトは、こうれいふくし課 生活に必要な情報をリサーチし、おすすめ健康食品・サプリメント・評判の商品なども紹介し口コミ情報も募集。 介護資格・転職・派遣・介護施設案内も紹介してます。
医療者のお薬解説が6000投稿

医療者のお薬解説が6000投稿

処方の特長を理解する手がかりに 病院や医薬品などの情報サイトを運営している株式会社 QLife(東京都千代田区)は、 処方薬・市販薬データベース『QLifeお薬検索』の「お薬口コミ」を大幅に拡充。
5月末時点で医師2,267件、薬剤師4,069件の計6,336件の“お薬口コミ”が掲載されています。

「私の処方の仕方」
「医療現場(臨床現場)で質問・誤解されがちな内容と回答法」
「ベネフィット(効果)」
「リスク(副作用など)と対処法」
「実用的な特徴」
といったことが医療者による投稿で掲載。

さらに別の医療者が補足説明や反論などを付けることもできます。

素人判断が重篤な副作用を引き起こす
高齢者のお薬口コミは伝染力がとても強く、病院待合室などでその噂は広がっていきます。
そして口コミを頼りに、処方された薬を正しく飲まず、 体調悪化や副作用につながるケースも多くありました。

自分の疾病について正しく理解して病識を高めたり、 処方の意味を知ることは治療効果を高めます。

その一方で、メディアなどにおける医療者の開設や口コミによって 主治医の意図を誤解していまうリスクもあります。

そのため、主治医やかかりつけ薬局(薬剤師)の指導のもと メディアなどの医療情報を頼りにして疾病や処方の自己理解をすすめことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です