高級パスタの糖質制限食を施設で提供する

高級パスタの糖質制限食を施設で提供する- 介護業界のニュースや介護の求人情報に必要なことを知らせる役立ち情報サイトは、こうれいふくし課 生活に必要な情報をリサーチし、おすすめ健康食品・サプリメント・評判の商品なども紹介し口コミ情報も募集。 介護資格・転職・派遣・介護施設案内も紹介してます。
高級パスタの糖質制限食を施設で提供する

高級パスタの糖質制限食を施設で提供する

業務用生パスタ製造の株式会社プリマ・パスタ(千葉県市原市)は 従来の生パスタから味覚を損なわないまま糖質を60%以上カットした低糖質生パスタ「ロカボーノ」を新販売した。
レストランのほか糖質制限の利用がいる高齢者施設のメニューの多様化や高付加価値化につながる食材だ。
同社の計測によると一般に売られている生パスタは100g あたりの糖質量が69.5g 。
そのため、糖質を推奨される水準である1 食あたり40g 以内に抑えようとしても、 麺だけでそれをオーバーしてします。
それがロカボーノは100g あたりの糖質を60%以上カットし、26g に抑えた。パスタソースは糖質が10g 程度なので、 合計30-40g となり、適正な糖質量の食事になる。

同社では「麺を変えるだけで適正な糖質量の食事が作れる」として、老健施設や有料老人ホームなどに提案してる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です