高齢者施設の広告は縦書きが効果的!?

高齢者施設の広告は縦書きが効果的!?- 介護業界のニュースや介護の求人情報に必要なことを知らせる役立ち情報サイトは、こうれいふくし課 生活に必要な情報をリサーチし、おすすめ健康食品・サプリメント・評判の商品なども紹介し口コミ情報も募集。 介護資格・転職・派遣・介護施設案内も紹介してます。
高齢者施設の広告は縦書きが効果的!?

高齢者施設の広告は縦書きが効果的!?

情報管理ソリューションのトッパン・フォームズ株式会社(東京都港区)の実験によると 年配層は「縦書きの文字情報の方が高い関心を持つ」傾向があると分かりました。
その一方、対して若年・中年層は「縦書きの文字情報を注視せず、関心に結びつかない」傾向があるといいます。

そうすると年配層向けの広告制作や広報では「縦書き」が有効なのかもしれません。

実験では、縦書きの文字情報を記載したグラフィックデザインを見たとき、 被験者の脳機能と視線を計測。

一般的に視力の衰えを自覚するといわれる 45歳以上の年配層(男女7名/45歳~67歳)と44歳以下の若年・中年層(男女5名/22歳~44歳)とに分けて解析しました。

その結果、年配層と若年・中年層とでは、縦書きの文字情報の知覚について異なる傾向がありました。

年配層は縦書きの文字情報を注視し、しっかりと読み込んでいることが分かりました。
その一方で、文字情報もあまり注視していないため、いわば「読み飛ばしている」状態が確認できました。

トッパンフォームズは、 通信販売のダイレクトメールや金融機関からの通知物などを制作するときに生かしていきたい考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です