ICTで健康を見守る新機種を有料ホームが採用

ICTで健康を見守る新機種を有料ホームが採用- 介護業界のニュースや介護の求人情報に必要なことを知らせる役立ち情報サイトは、こうれいふくし課 生活に必要な情報をリサーチし、おすすめ健康食品・サプリメント・評判の商品なども紹介し口コミ情報も募集。 介護資格・転職・派遣・介護施設案内も紹介してます。
ICTで健康を見守る新機種を有料ホームが採用

ICTで健康を見守る新機種を有料ホームが採用

大阪市立大学医学部疲労医学講座などによる メディカルIT企業のエコナビスタ株式会社(東京都千代田区)が次世代型健康見守り機器 「ライフリズムナビ+Dr.」サービスを共同開発した。

住友林業グループ会社で、有料老人ホームの運営を行う株式会社フィルケア(神奈川県横浜市)は、 今後開設予定の「グランフォレスト」シリーズでこの見守り機器を採用していく。

『「まさか」の予兆を見える化する』をコンセプトに開発。

ベッドのマットレス下に設置する 「センサーマット(体動センサー)」「人感センサー」「扉開閉センサー」「温湿度センサー」などの センサーで対象者の睡眠から活動、室内環境までを「見える化」する。

各センサー情報は「東京疲労・睡眠クリニック」が管理・監督する クラウドサーバへ24時間自動送信。その詳細な情報を基に毎月「健康レポート」を提供する。
万一「まさか」の予兆が発見されたときは、家族や介護施設にリアルタイムで知らせる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です