高齢者の服用も多いロキソニンで使用注意

高齢者の服用も多いロキソニンで使用注意- 介護業界のニュースや介護の求人情報に必要なことを知らせる役立ち情報サイトは、こうれいふくし課 生活に必要な情報をリサーチし、おすすめ健康食品・サプリメント・評判の商品なども紹介し口コミ情報も募集。 介護資格・転職・派遣・介護施設案内も紹介してます。
高齢者の服用も多いロキソニンで使用注意

高齢者の服用も多いロキソニンで使用注意

厚生労働省は2016年3月22日、
解熱鎮痛薬ロキソニン(商品名)について医薬品添付文書の「使用上の注意の改訂」を指示する通知。
重大な副作用に「小腸・大腸の狭窄・閉塞」が追加された。
小腸・大腸の潰瘍に伴い、狭窄・閉塞が表れることがあるとして、 「観察を十分に行い、悪心・嘔吐、腹痛、腹部膨満等の症状が認められた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと」と追記した。
継続的に服用している患者では注意が必要となる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です