抱え上げ機器活用 介護の“職業病”腰痛防げ!

抱え上げ機器活用 介護の“職業病”腰痛防げ!- 介護業界のニュースや介護の求人情報に必要なことを知らせる役立ち情報サイトは、こうれいふくし課 生活に必要な情報をリサーチし、おすすめ健康食品・サプリメント・評判の商品なども紹介し口コミ情報も募集。 介護資格・転職・派遣・介護施設案内も紹介してます。
抱え上げ機器活用 介護の“職業病”腰痛防げ!

抱え上げ機器活用 介護の“職業病”腰痛防げ!

腰痛予防の為の取り組み進む

介護職の職業病といわれる腰痛を防ごうと、人力だけに頼らず、
福祉機器などを活用して高齢者らの移動介助をする「ノーリフト」が県内でも注目されつつある。

「抱え上げない介護」を実践することでスタッフの負担を減らし、ケアの質向上につなげる試み。
ケアを受ける側も、無理に抱え上げられることがなくなり、体のこわばりが緩和するなどのメリットがあるという。

県内で先駆的に取り組んでいるのが、
大分市羽屋の特別養護老人ホーム「Green(グリーン)ガーデン南大分」。

昨年4月にオープンし、要介護度3以上の高齢者29人が暮らす。
従来の「抱え上げ」だと、 ベッドから車椅子に乗り移る「移乗」や、入浴、排せつの介助をする際にスタッフの腰に大きな負担がかかりがち。
同ホームは利用者の状態に応じて電動リフトなどの機器を活用し、負担軽減に取り組んでいる。
1人で介助できる利点もある。体位変換なども滑りやすいシートを使うなど工夫している。

「もともと腰痛持ち」という現場責任者のユニットリーダー田崎真一さん(35)は 「この1年間、ほとんど痛みを感じていない」と話す。

現場スタッフからは
「リフトを使うことで、自分の年齢や体力を気にせず働ける」
「抱え上げる移乗とは違い、利用者の顔を見ながらコミュニケーションが取れる」 などの声が上がっているという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です